いろいろある英語の種類

これまでに複数の外国人講師から英会話を学習したことがある人や海外旅行を頻繁にする人なら分かると思いますが、同じ英語でも国や人によって話し方が異なり、英語の学習をしたつもりでいても、実際に覚えた英語の知識が全く役に立たなかったというケースもあります。

日本に住んでいると地域によって同じ意味でも違う言葉で話すことがありますが、これを方言と呼んでいて、それぞれの地域で話し方に特徴があります。

国や人によって英語の話し方が違うのは、日本で言う方言と同じことですが、日本語が使われているのは日本という国の中だけに限られているにも関わらず、これだけ方言があるということは世界各地で使用されている英語になると地域による方言もさらに訛りが増して分かりづらくなることは想定できます。

また、学校で英語を学習する場合は先生もゆっくりとしたスピードで英語を教えてくれるため、何を言っているか頭で付いていくことができますが、本場の英語になると早口が基本となり頭では付いていけないので耳で聞く必要が出てきます。

ビジネス英語の学習を検討している人の中には既に海外で仕事が決まっている状態の人もいるかもしれませんが、その場合にビジネス英語を学習するなら職場がある地域の英語がどのような英語が使われているのか事前に調べた上でビジネス英語を学習する必要があります。

最近ではオンライン英会話教室で現地の人から教えてもらえる可能性もあるので、インターネットで情報を集めてみると良いでしょう。

スポンサーリンク