ビジネスに使える日商ビジネス英語検定試験

ビジネス英語を学習する上で目指したいのが日商ビジネス英語検定試験ですが、これはその名称の通りビジネスで使う英語力を確かめるための試験で、ビジネス英語検定の資格を取得しているということはビジネス英語に関する知識が豊富にあるということになります。

ビジネス英語検定試験と一言で言っても、レベルが設定されているため、自分のレベルに応じたビジネス英語検定を目指すことが大事ですが、ビジネス英語検定は3級、2級、1級に分かれていて、当然ながら1級になるにつれて難易度は高くなっています。

ちなみにビジネス英語検定は国家資格という区分ではありませんが、商業関係の仕事に就く際に持っていると優遇される簿記試験を開催している日商が開催している試験なので、ビジネス英語検定に対する信頼度や信用度はかなり高くなっています。

ビジネス英語検定は級によって目的が決まっていて、3級を取得するなら社会人になる前に最低限身に付けておきたい英語で、2級なら社会人になってから1~2年以内で覚えたいビジネス英語が試験の出題範囲となっています。

1級になるとビジネス英語に関する豊富な知識が認められることになりますが、1級の資格を取得するために2級の資格を取得していることが前提になっていないため、いきなり上位資格を目指すことも可能になっています。

ただし、高度なスキルと知識が必要になるため、段階的に資格取得することをおすすめします。

スポンサーリンク