ビジネス英語を独学で覚えるデメリット

ビジネス英語の学習に限った話しではありませんが、独学で何かを学習する場合は、誰かに何をしなさいと言われる強制力が働かないため、意志が弱い人だと学習が続かないことも考えられます。

独学だからと言って全くお金がかからないというわけではなく、自分で学習するために必要な教材を購入するための費用や学習している時間も捉え方によってはお金を使っていると考えることができますが、途中で英語の学習を辞めてしまっては、これまでに費やしてきたお金や教材が無駄になってしまいます。

その点で考えると英会話教室などはお金を払っている以上は決められた時間に学習しに行くことになるため、途中で辞めてしまう可能性で考えると独学よりも教室に通う方がかなり低くなっています。

もちろん自分で学習計画を立てて、目標に向かってコツコツ勉強できる人からすると独学でビジネス英会話の学習をするメリットはあると言えますが、自分で学習計画を立ててコツコツ勉強することができる人はあまり多くはいません。

ビジネス英語を使うケースとしては仕事の交渉や営業、仕事を教える場合などにビジネス英語が使用されることが想定されますが、どの場合でビジネス英語を使用する場合も相手が言っていることを瞬時に判断して、それの答えとなることを英語で返すだけの応用力が必要となります。

この応用力を身に付けるには紙面だけの学習では足りない部分もあるため、本格的にビジネス英語を覚えるなら講師から学ぶ学習がおすすめです。

スポンサーリンク