独学で失敗する例

ビジネス英語を独学で学習する場合に、重たい腰を上げて学習を始める人もいれば勢いで学習を始める人もいるかもしれませんが、ビジネス英語の学習に限らず勉強は最初のうちは楽しく学習できる人が多くいるものの、三日坊主という言葉があるように三日程度学習を続けていると学習に飽きてくる人が多くいます。

英会話教室に通って英語の学習をする場合は途中で飽きたからと言ってお金を払っている以上はすぐに辞めることに抵抗を感じるという理由で継続して学習するケースが多くあります。

反対に独学で学習を始めた場合は初期コストもほとんどかかってないことに加えて、辞めたところで誰に怒られるわけではないので、飽きた段階ですぐに辞めてしまう人がたくさんいます。

これが独学学習の失敗例ですが、リズムよく学習ができるようになってくるとそれが日常生活の一環となってくるため、それからは学習を突然辞めてしまうことは減ってきますが、学習を始めた頃はそれまでとは違って一日で自由に使える時間の一部が学習に取られてしまうので負担に思う人が多くいます。

この負担に思うことが日常生活の一環として思えるようになると独学にも追い風が吹くのですが、ただでさえ忙しいと言われている現代人なので、時間を自分で取って学習することにストレスを感じる人も少なくありません。
独学でビジネス英語の学習を検討している場合は負担のかからない程度に学習を進めていくことが大事なことと言えます。

スポンサーリンク