自分の英語力を計るなら時事英語検定試験

英字新聞を愛読している日本人は多くいますが、もちろん日本に住んでいる外国人の中にも英字新聞を愛読している人はいるので、英字新聞を作る人は日本人と外国人が分かりやすいような表現で新聞を作っていますが、最近はインターネットニュースなども普及して英語専用のインターネットニュースが作られるなど、様々なシーンでニュースを見るようになりました。

特にビジネス英語を学習する人は英字新聞や英語ニュースにビジネスに関するワードがたくさん含まれているということから、積極的に英字新聞や英語ニュースを見てビジネス英語を学習している人もいます。

そのような人たちのために作られた英語の試験があるので、ビジネス英語を学習している最中で、具体的な目標が決まってない場合は時事英語検定試験の受講をおすすめします。

ちなみに時事英語検定試験にはA級とB級とC級がありますが、C級は英字新聞が少し分かる程度でニュースならギリギリ言っていることが理解できるくらいの難易度となっています。

ビジネス英語を学習してきた人からすると少し物足りないかもしれないので、その場合は英字新聞をある程度読むことができるB級試験をおすすめします。

また、A級試験を取得するくらいのレベルになるとビジネス英語で学習する範囲は超えているため、A級試験の取得をゴールに日々のビジネス英語の学習を進めていくと自然にビジネス英語の能力は身に付くことになります。

スポンサーリンク